浄水器と食洗機は併用可能

どちらかを新たに導入したいと考えている方の中には、浄水器と食洗機は同時に使えるのか疑問に思っている方もいるかもしれません。実は2つの機器は併用が可能です。併用するにはいくつかの条件がありますが、その条件をクリアすれば併用することはできます。

ここではそんな浄水器と食洗機の基本的な情報をはじめ、浄水器と食洗機を併用するための条件をご説明していきます。

浄水器を使っていつでもおいしくて安全な水を飲もう

健康面を気にする人が増えたのとほぼ同時に、浄水器を導入する家庭が増えてきています。そんな浄水器とは一体どのようなものかというと、取り付けるだけでいつでもおいしくて安全な水をすぐに飲むことが可能になるアイテムです。

通常、水道水には人体に有害となる残留塩素やトリハロメタンなどの物質が多少は含まれています。そのような水を加熱せずに飲むと、人体に悪影響があると考えられています。そのため、この問題を解決するために浄水器は生まれました。

浄水器は水道の蛇口部分に取り付けるだけで水道の水をろ過してくれます。浄水器には活性炭をはじめ、専用のろ過膜や逆浸透膜などのろ材が内部に設置されています。このろ材を水道水が通ることで、前述の残留水素やトリハロメタンなどの有害物質を除去します。

他にも水道水独特のカルキ臭なども取り除いてくれるため、そのまま飲んでもおいしいです。浄水器にも様々なタイプが存在しますが、広く一般的に使われているのが蛇口に設置するタイプです。いつでもおいしい水を飲むことができる浄水器ですが、使用するにあたって注意する点がいくつかあります。

注意点を守らなかった場合、ろ過が十分に行うことができなくなる可能性があるので気を付けましょう。まず、浄水器を通した水はなるべく早く飲むようにします。浄水器を通り雑菌や有害物質が取り除かれた水であっても、時間が経過するにつれて徐々に鮮度が落ちて浄水器を使った意味がなくなってしまうからです。

また、カートリッジは定期的に交換するようにしましょう。カートリッジはいわば浄水器の心臓部のようなもので、このカートリッジにはろ材が入っています。カートリッジが古いと十分にろ過することができなくなってしまいますので、こちらも浄水器を設置している意味がなくなってしまいます。

カートリッジの交換目安は浄水器によって異なりますが、基本的には取扱説明書に記載されていますから一度確認することをお勧めします。

食洗機を使うだけで日々の洗い物が簡単に

食事をした後に必ず待っているのが洗い物です。この洗い物は食事をするたびに発生し、毎回きちんと洗わなければならないため手間がかかります。仕事や育児など日々忙しい中で、この洗い物に時間を割くのは大変で面倒です。

そんな手間がかかる洗い物を簡単に済ます方法として、食洗機があります。食洗機は中に使った食器を入れてスイッチを入れるだけで、後は自動的に洗って乾燥までしてくれます。手洗いと違ってきちんと汚れが落ちないと心配する人もいるかもしれませんが、近年の食洗機は手洗いと見間違うほど食器をきれいに洗ってくれます。

一言で食洗機といってもその大きさは様々で、小さなものから大きなものまであります。小さな食洗機の場合、置く場所を自由に選ぶことができますが、一度に洗うことができる食器の数に限りがあるため、一人暮らしや家族が少ない家庭に最適です。

反面、大きな食洗機の場合は置く場所に限りがありますが、一度に洗うことができる食器の数が多く、フライパンや鍋などの大きなものでも簡単に洗うことが可能です。そのため、大人数の家族の場合は大きめの食洗機がお勧めです。

食洗機は基本的に手入れも必要がないことが人気の理由です。長期間使わなかった場合は内部にカビなどが発生することもありますが、毎日使用しているのなら常に内部は清潔に保たれているため、カビなどが繁殖する心配もありません。

初期費用は多少かかりますが、一度導入すれば煩わしい洗い物から解放されます。

浄水器と食洗機を併用することは可能

日々の生活の上で便利な浄水器と食洗機ですが、浄水器も食洗機も蛇口から水を確保する必要があるため、併用することはできないと考えている人もいます。ですが、結論から言うと併用は可能です。確かに何もしなければ併用することはできませんが、いくつかの条件をクリアするだけで浄水器と食洗機は併用が可能です。

その条件も比較的簡単で、少し手を加えれば誰でも簡単に併用することができます。

併用するために必要な分岐水栓とは

浄水器と食洗機を併用する上で必要な条件とは、分岐水栓の導入です。この分岐水栓は1つの水道から2つ以上の物に水を送るための装置です。

これを家庭の水道に設置するだけで浄水器と食洗機に水を送ることができます。分岐水栓は様々なメーカーから発売されており、基本的にはホームセンターなどでも簡単に手に入れることができます。導入する際に専門の業者に依頼しても構いませんが、自分で導入することも可能です。

分岐水栓の値段も比較的安く、誰でも気軽に試すことができます。

分岐水栓を導入する際の注意点

分岐水栓を導入するだけで浄水器と食洗機の併用は可能ですが、導入する際にはいくつか注意点があります。1つ目の注意点は蛇口の形状によって取り付け可能な分岐水栓が変わることです。家庭によって使われている蛇口の形状は微妙に違っています。そのため、場合によっては分岐水栓を取り付けることができない可能性もあります。事前に使われている蛇口の形状の写真を撮っておき、ホームセンターなどの分岐水栓を取り扱っている店舗のスタッフに見せ、対応している分岐水栓があるか聞いてみましょう

分岐水栓のみ取り付け可能な蛇口もありますが、蛇口の形状によっては別途専用のホースなどが必要になることもあります。専用のホースが必要な場合、口径などが分岐水栓によって違うため、その点は十分に注意しましょう。

間違った口径のホースを取り付けてしまうとそこから水漏れが発生する可能性があります。取り付けが不安な場合、専門の業者に依頼しましょう。ただし、依頼先の業者が分岐水栓のみの取り付け工事に対応しているかは確認が必要です。

分岐水栓の取り付けは素人でもできるため、業者によっては分岐水栓のみの取り付け工事は行っていないことがあります。その場合、他の工事も同時に依頼する必要があるため、費用が大幅に上がります。分岐水栓の値段は比較的安価ですが、特殊な蛇口の形状に対応している分岐水栓の場合は高額になることもあります。

分岐水栓を導入する際は費用を多めに用意することも大切です。